交通事故で弁護士に依頼した際に知っておいたほうがいい点まとめ

交通事故で弁護士に依頼した際に知っておくべきことは、弁護士は常時何件も案件をかかえているため、丸投げするような姿勢でいてはいけないということです。常に自分が主体となって進めていくような姿勢であることが求められます。被害者はある日突然傷害され、けがのことで精一杯なのは当然なのですが、交通事故の被害者はなにかと不利な状況になりやすいため、気をしっかりと持って、示談までの日々を乗り切らなくてはなりません。弁護士は、示談までの全体像が皆目つかめない被害者に対し、要所要所でアドバイスをします。また、被害者の話から事故の状況をつかみ、必要な場面で適切な対処をおこなっていきます。弁護士がそうした業務に専念できるよう、必要書類をそろえたり、記憶に沿って記録をとっておくことなどが求められます。

依頼したらそれで終わりではない

交通事故の被害者が、弁護士に依頼をして肩の荷が軽くなったような気がするのは自然なことです。しかし、決して肩の荷が下りたわけではありません。示談に向けた過程で主体となるべきは、交通事故でけがを負わされた当事者です。交通事故専門の弁護士は、事故状況は即座に把握できますが、被害者個々の事情はさまざまですので、自分の受けた損害については、事細かに洗い出し、書面にして伝えるなどしておくことが大事です。損害を証明する書類もすべてそろえておきましょう。弁護士は常に複数の案件をかかえていますので、弁護士ならではの仕事だけできるよう、積極的に協力していくことが望まれます。妥当な賠償が得られるよう、弁護士と二人三脚で取り組んでいくという心構えでいることが大事でしょう。

治療継続中なら、自賠責の被害者請求に

もしまだ症状固定前であり、治療を継続している段階なら、自賠責の被害者請求に切り替えることです。弁護士がついたとなったら、任意保険会社が症状固定を促したり、治療費の打ち切りを通知してくるなどのことは起こりにくくはなりますが、なるべく任意保険会社とは接触しないほうがいいため、被害者請求にすることです。そうしておかないと、後遺症が残った場合、後遺障害認定申請の書類まで任意保険会社に任せることになってしまいます。それがいかに避けるべきことであるかは、任意保険会社が医療費支払いを代行しているうちはなかなかわからないものです。任意保険会社に差配されるような状態からはなるべく早く抜け出して、連絡はとらないでおくことです。相談はすべて弁護士にできますから、何の支障もありません。