交通事故で弁護士依頼をする時に覚えておくべき点を解説

交通事故で弁護士依頼をする時には、交通事故専門の事務所かどうかに注意しなくてはなりません。医者もそうですが、国家試験に通ったときには全分野を把握していても、その後は専門に分かれ、細分化していくものです。特に交通事故は専門性の高い分野なので、知識と経験がものを言います。交通事故専門の弁護士に絞って探すことです。
また、依頼したからと言って、丸投げの姿勢でいてはなりません。弁護士は常に何件もの案件をかかえています。自分が主体となって取り組むという姿勢が大事です。
自分の入っている保険に弁護士費用特約がついていれば、費用はそこから出ますが、特約がない場合でも、初期費用はかからないことが多くなっています。重傷の場合は特に、事故直後から依頼することです。

交通事故専門の弁護士に依頼する

弁護士といってもそれぞれ得意分野があり、専門以外の分野には疎いものです。特に交通事故は非常に専門性の高い分野であるため、付け焼き刃の知識ではどうにもならない面があります。交渉相手はたいていの場合、任意保険会社の百選練磨の顧問弁護士です。連日交通事故被害者側と交渉し、会社の利益のために手腕をふるっているわけですから、対等に渡り合うには、交通事故専門の弁護士である必要があります。
そうした弁護士に依頼したあとは、弁護士にしかできない仕事に専念してもらうため、必要な書類をそろえたり、記憶をしっかりとたどって書面にするなど、被害者本人も相当主体的に動かなくてはなりません。事故状況を誰よりもわかっているのは、当事者である自分です。物的証拠とともに、被害者の記憶は大事な要素です。

重傷の場合はなるべく早く依頼する

交通事故は初期対応が非常に大事です。被害者は受傷していて動けないからこそ、事故直後から弁護士が対応することが必要となります。しかし、ほとんどの被害者はそうした手配を思いつきませんので、あとでたいへんな不利益をこうむっていることが多いのです。特に重傷の場合、被害者はなにひとつできませんので、周囲が早めに弁護士をつけることが望まれます。
弁護士費用は、被害者が加入している民間保険に弁護士費用特約がついている場合は、そこから全額出ます。限度額は300万円であることがほとんどですが、たいていの場合はそれ以下で収まります。特約がない場合でも、費用の心配はまずいりません。多くの弁護士事務所では、費用の支払いをすべて後払いとしています。費用倒れになりそうなケースなら、事前に説明があります。